気候変動との戦いは現在、ブロックチェーン上にあります。 はい、これは政治的な問題だと考える人もいるかもしれません。 いずれにせよ、オオハシは、変化をもたらしたい環境に配慮したブロックチェーン愛好家のために行動を結集しています。 ベースカーボントン この崇高なイニシアチブを達成するための直接的な経路であり、 BCゲーム プロジェクトのネイティブ トークンである BCT がリストされています。

オンラインギャンブル 愛好家は今や地球の未来に利害関係を持っています。 この目標には、多くの利害関係者による協調行動が必要です。 Base Carbon トークンは、この点でパイオニアです。 このトークンは、オープンなインターネットでの再生イノベーションの波を後押しする Web3 ビルディング ブロックとして生まれました。 

Toucan プロトコルは、この分野で主要なブロックチェーン プロトコルになるという野心的な道を歩んできました。 

オオハシプロトコルについて

気候危機は実存的な脅威です。 同じ緊急性を共有していない人もいるかもしれませんが、希望は、人類が私たちの未来を確保するという緊急性を共有することです. 地球規模で集団の未来を確保するには、持続可能な気候変動対策への移行を確実にするための協調行動が必要です。

オオハシ コミュニティは、オープン ウェブ上に構築された地球に優しい経済をサポートするという大胆な一歩を踏み出しました。 Blue Carbon Tone は、グローバルな人間の行動をサポートするコンセンサス ネットワークの力を理解する Web3 ソリューションです。 

そのため、オオハシは、オープンなインターネットが人類が地球の管理者としての人間の責任を調整するのにどのように役立つかを発見するためのリソースを提供しています. あなたの宗教的背景に関係なく、次の世代のために共有された未来を確保するための環境責任の共通のスレッドがあります. 

このプロジェクトは、オープン Web で地球に優しい経済をサポートします。 スマート コントラクトは、地球規模で人間の協調をサポートする Ethereum のイノベーションです。 オオハシは、金融システムと環境システムを再生するイノベーションを推進することを目指しています。 オープンなインターネットは、この標準的なユーティリティを達成するための人類の最善の希望です。 

環境保護プロジェクトは、何年もの間、技術、工学、持続可能性の交差点に向けて独自に取り組んできました。 明らかに、ブロックチェーンは 21 世紀の気候に関する実存的な問題に対処する上で不可欠です。 これらの問題は、最善の解決策を見つけるためのブレインストーミングとテストの遅れを意味します。 Polygon は、Ethereum ソリューションがスケーラビリティと持続可能性を促進することを保証する重要なレイヤー XNUMX ソリューションです。 Toucan は、Polygon のソーシャル インパクト インキュベーターと協力して、気候問題への積極的な取り組みを行っています。

ベースカーボントン (BCT)

オオハシが ベースカーボントン (BCT) 2021 年 15 月。 数週間後、XNUMX 万を超えるカーボン クレジット トークンがベース カーボン プールで利用可能になりました。これは環境上の勝利です。 

ビットコインは、環境への悪影響が認識されているため、批判を受けています。 しかし、ビットコイン マイナーは、グリーン マイナーのニーズに対応する環境ソリューションを急速に模索しています。 これらのソリューションは、ビットコイン マイニングの環境への影響に対する抗議の中で急速に追いついています。 

BCT トークンは、この問題を解決しようとしている最新の参入者です。 BCT トークンは、既存の問題を修正するというブロックチェーン コミュニティの願望を表す一連の環境プロジェクトを表しています。 

オオハシは新しいロゴを立ち上げました デファイ エコシステム。 ユーザーはリキッドカーボンにアクセスできます ベースカーボントン (BCT) トークン。 このトークンがローンチされてから XNUMX 週間で、XNUMX 万個の炭素クレジットがチェーン上で橋渡しされました。 その数は現在数千万に達しており、今後も増え続けるでしょう。 Base Carbon Pool のこれらのトークンは、成長し続ける環境プロジェクトのバスケットを表しています。

BCTは、主要なトークンのXNUMXつとしてランク付けされています ポリゴン. Polygon は、Ethereum ブロックチェーンにスケーラビリティを追加するための究極の LAYER-2 ブロックチェーン ソリューションです。 先駆的なスマート コントラクト プラットフォームは、独立したイノベーション ブロックチェーンとしての地位を急速に獲得しています。 このユーティリティは、より大きな分散型金融エコシステムの XNUMX 億ドル規模のソリューションの一部です。

はじめに: ベース カーボン トン (BCT)

有意義な気候変動対策を達成するためには、真剣に取り組まなければなりません。 先進国の経済は、集団行動につながる可能性が低い非難ゲームに取り組んでいます。 2015 年のパリ会議は紙面上は素晴らしいものですが、主要経済国が間もなく何を行うことにコミットするか注目するのは興味深いでしょう。

将来にへこみを作るには、深刻な作業が必要です。 進歩は、どのように進めるかについての相互理解から生まれなければなりません。 BCT は、Web3 の主要な炭素資産になることを目指す野心的なプロジェクトです。

特に、ベース カーボン トン (BCT) は代替可能なカーボン トークンです。 代替可能性とは、ブロックチェーン トークンと同様の価値を持つ他のトークンとの交換可能性を指します。 BCT は、気候変動対策の構成要素になることを目指しています。 このトークンは ERC-20 標準に準拠しており、他のトークンと自由に交換できます。

Toucan Bridge は、カーボン クレジットから Web3 アセットへの旅を促進します。 したがって、ユーザーはブロックチェーン上で炭素トークンを安全にブリッジできます。 ユーザーは、ブロックチェーン資産の二重支出と独自性を防ぐために不可欠な証券化メカニズムを持っています。

環境保全への取り組み

BCT は、現代のブロックチェーン業界におけるユニークなトークンの XNUMX つです。 このプールは、環境活動に強い関心を持つ人々を収容できるように意図的に設計されています。 さらに、プロジェクトは、このアクションに基づいて共通のユーティリティを達成しようとしています。 カーボン プール保有者は、気候変動対策の最前線に立つことになります。 

気候変動は流行語であってはなりません。 これは、健全な環境に真の関心を持つ人々への行動への呼びかけです。 このトークンは、実際の環境フットプリントを求める人々の叫びです。 

つまり、気候は政治的な問題ではなく、未来の世代のために刺激的な視点を求める刺激的なポイントであるべきです。 トークンの形で経済的利益を得ることは、進歩を求める人にとってプラスになる可能性があります。 この地球の未来のために行動を起こす時は今であり、BCT は実行可能な機会を提供します。

オオハシは、炭素クレジットのライフサイクルにおける重要なステップになることを目指しています。 ブロックチェーン プロジェクトにはさまざまなミッションがあります。 環境保護のような崇高な目的を伴うことはめったにありません。 BCT は、両方の長所を最大限に活かすめったにない機会です。 このプロジェクトがどこへ向かうのか、注目に値するでしょう。

トップ暗号ギャンブルプラットフォームが好きなとき、それは正しい方向への一歩です BCゲーム カーボン ニュートラルをサポートし、他の人たちに後を追うよう促しましょう。